ninonbooks

決済方法変更のため、ご注文受付を一時休止させていただきます。

アンソロジー洋酒天国2 傑作エッセイ・コントの巻

PR誌はまだ氾濫せず、プレイ雑誌もまだなかった頃、ドリンカーの民度向上をめざし、夜の岩波文庫(?)とでも呼ぶべき怪文書が出版された。その名は『洋酒天国』。編集長は開高健。この雑誌は、終刊後も古書市場でバックナンバーが高額で取引されたと聞く。ここに昔日を2冊本に凝縮し、お色直しをして発刊する次第である。曽つてのヤングと、心ある今のヤングの、一読を乞うや切。(帯より)

目次
  • 呑気話 吉田健一
  • 判断 星新一
  • サイダー談義 獅子文六
  • キャット・キラー・カクテル 安岡章太郎
  • 酒のシンボル 犬養道子
  • ウオトカの思い出 高杉一郎
  • 東欧酒景 安部公房
  • 洋酒天国・禁酒地獄 かたがたぜんじ
  • サントリー禍 檀一雄
  • 海・酒・魚 北杜夫
  • スリング・ロマンス 薩摩治郎八
  • 女のコとガン 大藪春彦
  • かんヴぁせいしょん 團伊玖磨
  • 洋酒と美女と干物 倉光俊夫
  • ヨーロッパ退屈日記(抄) 伊丹一三
  • 活動写真について 高橋義孝
  • ダンセニー卿の『酒壜天国』稲垣足穂
  • 新青年思い出噺 水谷準
  • 概観 戦後十五年史 和歌森太郎
  • 酔虎伝 玉川一郎
  • 天国と地獄 淀川長治
  • さらば、二日酔い! 田村隆一
  • 子供と大人 竹中郁
  • 数奇酒記 吉行淳之介
  • 洋天ジョークス
  • 海賊版 テレビ・ダイジェスト

ほか

著者
開高健(監修), 柳原良平(装丁)
発行
TBSブリタニカ, 1983年
サイズ
120x190mm, ソフトカバー, 219ページ
SOLD OUT
タグ

Loading...