ninonbooks

決済方法変更のため、ご注文受付を一時休止させていただきます。

アンソロジー洋酒天国3 ウイスキーここにありの巻

アメリカの禁酒法が惨憺たる失敗に終ったように、酒は天地開闢以来、人間にとって欠くべからざるよき友であった。なかでも“生命の水”と呼ばれるウイスキーは酒の代表格といえよう。春山行夫・中屋健一らによる〈ウイスキーの歴史〉、山口瞳の〈ウイスキーの飲み方〉、東郷青児・戒能通孝・飯沢匡らによる〈ウイスキー礼賛〉など、各界のバッカスたちの名エッセイを収録。(商品紹介より)

目次
  • ウイスキーの語原 春山行夫
  • ウイスキーの話 山田正一
  • ウイスキーとアメリカの歴史 中屋健一
  • 洋酒雑考 山田浩一
  • ウイスキーの飲み方 山口瞳
  • 味を楽しむ 中谷宇吉郎
  • 或る夜の銀座 北原武夫
  • 酒・女・薬 有馬頼義
  • 薬の酒 門馬直美
  • 雪の山小屋のこと 上野浩
  • 酒園遍歴 小林勇
  • あの時あの酒 草野心平
  • 中国の洋酒 十返輩
  • 酒徒行伝 辻亮一
  • 赤と黒と白 徳川夢声
  • 映画と洋酒 双葉十三郎
  • 眼で飲んだ名場面-酒と映画 植草甚一
  • 詩人とサントリー 寿岳文章
  • 日本のウイスキー 坂口謹一郎
  • ウイスキー、マッカリ 東郷青児
  • ウイスキーの効用 向井啓雄
  • スコッチの味 崎川範行
  • スカッチワーラー 原田裕
  • 二瓶のウイスキーとの旅 島田巽
  • 夫婦喧嘩とウイスキー 戒能通孝
  • ウイスキーと放送 飯沢匡
  • 酔族館抄

ほか

著者
開高健(監修), 柳原良平(装丁)
発行
TBSブリタニカ, 1985年
サイズ
120x190mm, ソフトカバー, 221ページ
SOLD OUT
タグ

Loading...