ninonbooks

決済方法変更のため、ご注文受付を一時休止させていただきます。

グラフィックデザイン 36

東京オリンピックや大阪万博といった国家的イベントでアートディレクターを務めた美術評論家・勝見勝が主催した伝説のデザイン誌『グラフィックデザイン』第36号。

全4号にわたる万博特集その1。本号では「万国博の変遷」と題し、歴代の万博の歴史を紹介。ロンドン博の水晶宮、ピカソの壁画ゲルニカ、コルビュジェ、アルヴァ・アアルト、坂倉準三、バックミンスター・フラーらによるパビリオン建築、幻の「紀元2600年記念日本万国博覧会」など、さまざまな万博図版が掲載されています。

目次
  • 万国博1 万国博の変遷 勝見勝・山口広・針生一郎
  • 社会的使命を問われる日宣美 勝見勝
  • 日本のデザイン体制 R.S.ソーントン
  • キッコーマンのための大橋正のイラストレーション 田中一光
  • <ベトナムの子供を支援する会>野外展 羽原肅郎
  • アメリカの3人のイラストレーター展 原弘
     ロー/フラスコーニ/アンゲラー
  • ウルビーノ市のデザイン・ポリシー 太田幸夫
  • テクネ――コンピューター・アニメーションとTVプログラム 棚橋桂太郎
  • 書評
  • ニュース
  • 編集後記
著者
勝見勝(編), 田島征三(表紙デザイン)
発行
講談社, 1969年
サイズ
262x300mm, ソフトカバー, 88ページ, 日・英文
状態
C, 天少ムレ, ローの作品ページ2箇所に10x10cm程度の切り抜き
価格
¥ 2,500(税込)
タグ

Loading...