ninonbooks

決済方法変更のため、ご注文受付を一時休止させていただきます。

日本万国博覧会 テーマ館ガイド

「太陽の塔」はそれ単体で構想されたものではなく、地下展示「過去」、地上展示「現在」、空中展示「未来」の三層で構成された複合パビリオン「テーマ館」のシンボルとして制作されたもの。(参考:「太陽の塔」の図像学 試論 | 三木学

そのテーマ館ガイドである本書には、プロデューサーを務めた岡本太郎によるコンセプト解説や、三層の展示内容紹介、パビリオン全貌のイラストマップを収録。知られざる「太陽の塔」本来の姿を偲ばせます。

なかでも、川添登が監修した空中展示は、アーキグラム、ハンス・ホライン、槇文彦、ヨナ・フリードマン、黒川紀章、クリストファー・アレグザンダーなど、エッジの効きすぎた人選による未来都市の提案だったようで、イラストマップに記載された「パターン・ランゲージの道」という展示が非常に気になります。

著者
岡本太郎(編集委員長), 小松左京・川添登・粟津潔ほか(編集委員)
発行
財団法人 日本万国博覧会協会, 1970年
サイズ
184x255mm, ソフトカバー, 30ページ
SOLD OUT
タグ

Loading...