ninonbooks

グラフィックデザイン+ 52

東京オリンピックや大阪万博といった国家的イベントでアートディレクターを務めた美術評論家・勝見勝が主催した伝説のデザイン誌『グラフィックデザイン』第52号。

向井周太郎によるコンクリート・ポエトリーの記事では、ウルム造形大学への留学時代を振り返りながら、オイゲン・ゴムリンガー、マックス・ベンゼ、ピエール・ガルニエ、新国誠一、上村弘雄らの作品を紹介しています。

目次
  • 大津絵の美 民画風土記 鈴木仁一
  • 世界デザイン会議 勝見勝
  • デザインフォーラム’73 福田繁雄
  • 素顔の永井一正 小川正隆
  • アルファベットの建築術 バロッコ時代のひとつの成果 勝見勝
  • コンクリート・ポエトリー その源流と日本の関係 向井周太郎
  • スウェーデンのデザイナー クルト・ダレーン 神田昭夫
  • トレードマーク考 ジャック・リッシュ
  • トーマス・バイルレの近作
  • 里見宗治について 山名文夫
  • グリフス・ニュース
  • PI ニュース
  • 書棚
  • ニュース
著者
勝見勝(編), 灘本唯人(表紙デザイン)
発行
講談社, 1973年
サイズ
262x300mm, ソフトカバー, 88ページ, 日・英文
状態
B
価格
¥ 2,500(税込)
タグ

Loading...