ninonbooks

グラフィックデザイン 33

東京オリンピックや大阪万博といった国家的イベントでアートディレクターを務めた美術評論家・勝見勝が主催した伝説のデザイン誌『グラフィックデザイン』第33号。

黎明期のコンピュータ・グラフィックス特集号で、CTGによるジェネラティブアート作品やMIT学生による実験的習作、杉浦康平による『数学セミナー』表紙デザインなどを紹介。

モンドリアンの作品を解析し、統計的性質だけをコンピュータに与えて生成した作品も掲載されており、機械学習でゴッホやレンブラントの“新作”を生み出す近年の絵画AIを、半世紀先んじていた試みが興味深いです。

ほか、ランス・ワイマンが手がけたメキシコ五輪のポップなデザインポリシーも特集されています。

目次
  • イタリア人の見た南蛮美術 田中一光
  • フォロン作品集 勝見勝, 伊藤哲郎
  • ロボットとコンピュートピア? 勝見勝
  • コンピューター・グラフィックス 川野洋, CTG
  • メキシコ・オリンピックのデザイン・ポリシー 酒井章有
  • キャノンにおける企業とデザイン 向秀男
  • 時計の文字盤 渡辺力
  • 山城隆一の〈コラージュ〉 篠原一男
  • 伊坂芳太良の〈タウンゼント館〉 草森伸一
  • 寄席ビラ 剣持勇
  • テクネ コンピューターの入出力装置 CTG
  • ニュース
  • 書評
  • 編集後記
著者
勝見勝(編), スタン・ヴァンダービーク(表紙デザイン)
発行
講談社, 1969年
サイズ
262x300mm, ソフトカバー, 88ページ, 日・英文
状態
B
価格
¥ 4,000(税込)
タグ

Loading...