ninonbooks

決済方法変更のため、ご注文受付を一時休止させていただきます。

グラフィックデザイン 38

東京オリンピックや大阪万博といった国家的イベントでアートディレクターを務めた美術評論家・勝見勝が主催した伝説のデザイン誌『グラフィックデザイン』第38号。

全4号にわたる万博特集その3。本号では、丹下健三によるシンボルゾーンの空間構成や建築解説と図面、岡本太郎による太陽の塔とテーマ展示解説、坪居恭平によるサイン計画紹介を収録。
全面にレンチキュラーレンズの3Dステレオ印刷を用いた実験的な表紙デザインは、杉浦康平によるもの。

目次
  • 万国博3 シンボルゾーンとサイン計画 丹下健三・岡本太郎・坪居恭平
  • 絵双六 高橋順二
  • デジタル・マップ――アフリカ 実験的透明地図 中垣信夫
  • 新しい空間記譜法への接近 東京造形大学 環境実習グループ
  • 死者のためのデザイン 勝見勝
  • タイプとタイポグラフィ ヘルムート・シュミット
  • マンフレッド・ヴィンターの作品
  • チューリッヒの<紙の魔術>展 ニクラウス・フリューラー
  • テクネ――タイプサイズの現状と課題 馬渡力
  • 書評
  • ニュース
  • 編集後記
著者
勝見勝(編), 杉浦康平(表紙デザイン)
発行
講談社, 1970年
サイズ
262x300mm, ソフトカバー, 88ページ, 日・英文
SOLD OUT
タグ

Loading...