ninonbooks

決済方法変更のため、ご注文受付を一時休止させていただきます。

DE STIJL デ・ステイル 1917-1932 展図録

1997-98年にかけ、セゾン美術館などで開催された「デ・ステイル 1917-1932」展図録。

20世紀のモダニズム運動の核心であり、バウハウスの機能主義デザインや30年代以降の抽象芸術運動にも大きな影響を与えたデ・ステイル(DE STIJL)の全貌を、絵画、彫刻、家具、建築図面、模型、資料などで紹介。

目次
  1. 序 零のモダニズム 新見隆
  2. モダンの空間を創ったデ・ステイル 宮島久雄
  3. 抽象と具象の闘い 安藤忠雄
  4. ドゥースブルフによるモダンデザインの原理 柏木博
  5. 純粋な、動いていく無 中沢新一
  6. 新しい生の構築者ドゥースブルフ エバート・ファン・ストラーテン
  7. 1. デ・ステイル:絵画と彫刻
    • 環境から絵画へ/絵画から環境へ モンドリアンと初期デ・ステイルの絵画 速水豊
    • ファン・デル・レック、フィルモス・フサール、ジョージ・ファントンゲルローのデ・ステイルにおける位置 ニコレッタ・ハースト
  8. 2. デ・ステイル:リートフェルトの家具、インテリア・デザインと建築
    • リートフェルトとデ・ステイル マライク・キュパー
    • シュレーダー邸、1924年――家具から建築へ 奥佳弥
  9. 3. デ・ステイル:環境と建築
    • 初期デ・ステイルの建築 マライク・キュパー
    • 様式の探求、あるいは普遍的なものの呪縛 本田昌昭
    • デ・ステイルの抽象環境 ナンシー・J.トロイ
  10. 4. デ・ステイル:雑誌とメディア活動
    • [資料再録]新しいスタイルへの闘争 テオ・ファン・ドゥースブルフ
  11. デ・ステイルと日本 日本における新造形主義建築の行方 奥佳弥
  12. 淋しげな平和 隈研吾

ほか

著者
セゾン美術館(編)
発行
河出書房新社, 1998年
サイズ
224x297mm, ソフトカバー, 305ページ
SOLD OUT
タグ

Loading...