ninonbooks

決済方法変更のため、ご注文受付を一時休止させていただきます。

ナンセンスの機械

マシン・エイジへの風刺を込めた、ナンセンスでユーモラスな13の架空の機械たち。
ブルーノ・ムナーリの名作『Le macchine di Munari』(1942年)の邦訳。

目次
  • ちょっとお耳を
  • 目覚時計をおとなしくさせる機械
  • 蝶の羽ばたきを利用した扇風機
  • 疲れた亀のためにトカゲを使ったモーター
  • 造花をにおわせる機械
  • 食いしんぼうの蚊を悔しがらせる機械
  • ゆで卵を作るときの自動時間計測器
  • 留守中でも笛をならすための機械
  • 朝焼け(オーロラ)をはやく見るための装置
  • 怠けものの犬の尾をふらせる機械
  • シャンパンを瓶の下から取り出す装置
  • 乾燥卵の自動ふりかけ機
  • 雨を利用してシャックリを音楽的にする機械
  • 記者が出る時にハンカチをふらせる機械
  • 解説
著者
ブルーノ・ムナーリ(著), 窪田富男(訳)
発行
筑摩書房, 1979年
サイズ
170x240mm, ソフトカバー, 73ページ
SOLD OUT
タグ

Loading...