ninonbooks

決済方法変更のため、ご注文受付を一時休止させていただきます。

現代のイメージ 美術手帖 1962年4月号増刊

『美術手帖』1962年4月号増刊。特集は「現代のイメージ」と題した、美術、建築、写真、デザイン、イラストレーションなど諸分野の第一人者によるアンソロジー。

武満徹と杉浦康平による図形楽譜「弦楽器のためのコロナⅡ」は、透明セロハンに印刷されたシート3枚が付属。
真鍋博の「透明な地図」は、半透明のトレーシングペーパーのページを重ねあわせる表現で“頁をめくる手の動きが経過時間を示し、からみあい、むすびつくオブジェ化のこころみ”と称され、ブルーノ・ムナーリ『きりのなかのサーカス』(初版1968年)に先んじた実験的表現であったことも興味深い。

目次
  • 影像人間の言葉 滝口修造
  • 原子の火 服部学・北代省三
  • 透明な地図 真鍋博
  • 若い闘争 岡本太郎
  • インダストリアルデザイン・NORAISM 泉真也
  • 弦楽器のためのコロナⅡ 武満徹・杉浦康平
  • 国境 二川幸夫
  • 孵化過程 磯崎新
  • asphalt 東松照明
  • 作品 上村次敏
  • 荒川修作の作品によるPhoto・構成 大辻清司
  • 電子顕微鏡写真 日本電子KK提供
  • ロケット発射の瞬間 植村恒義
  • 凍結光弾性写真 西田正孝
  • Kcl結晶の格子欠陥(光学顕微鏡写真) 霄純衣
  • うばゆりの果実の開裂 亘理俊次
  • 蛍光顕微鏡で見た癌細胞 水野重光
  • シラノ・ド・ベルジュラックの復活 中原佑介
  • 表紙 写真:若いやつでの実・亘理俊次 構成・杉浦康平
著者
杉浦康平(構成)
発行
美術出版社, 1962年
サイズ
A5, ソフトカバー, 74ページ
SOLD OUT
タグ

Loading...