ninonbooks

決済方法変更のため、ご注文受付を一時休止させていただきます。

新・遊びの博物誌

おもちゃ・パズルから錯視・錯覚の不思議まで、古今東西の「遊び」を紹介するコラム集の続編。

さかさま文字、モアレの幻想、聴く時計、沸騰する雲などのテーマを軸に、ロバート・ブラウンジョンのタイポグラフィ、杉浦康平の立体視星座図、ブルーノ・ムナーリの「I PRELIBRI (本に出会う前の本)」、ヴィクトル・ヴァザルリのオプアート、コッホの雪片曲線など多彩な作品を紹介しています。

著者
坂根厳夫(著), 安野光雅(装丁)
発行
朝日新聞社, 1982年
サイズ
190x213mm, ハードカバー
状態
B, 天小口シミ
価格
¥ 1,500(税込)
タグ

Loading...